今回は、メディアでも活躍されているファイナンシャルプランナー・風呂内亜矢(ふろうち あや)さんにインタビューをさせていただきました。

LINE家計簿への率直な感想をお伺いしたほか、家計簿を継続するコツや、家計改善へのアドバイスなどもいただきました! ぜひご覧ください。

01

LINEからLINE Pay、LINE家計簿へスムーズにアクセスできる

――さっそくですが、LINE家計簿のコンセプトは「楽しくつづける。楽しくたまる。」なのですが、家計簿というと三日坊主で終わってしまう人もたくさんいます。継続のコツはありますか?
まず、家計改善の流れってシンプルにいうと「記録をする」→「現状把握をする」→「行動を変える」という流れなんですね。
1つ目の「記録をする」ことに直接効果はなくて、後半2つの「現状把握をする」→「行動を変える」ができて初めて家計改善に貢献します。ということで「記録をする」段階では家計簿アプリを活用して、極力手を抜くのがいいと思います。

手入力って確かに面倒くさくなると思いますし、レシートを撮影して読み込むのも面倒だという人もいます。だけど、データ連携をして自動的に家計簿をつけている人が三日坊主になるっていうのは理論上はないですよね。

――なるほど。効果のない記録に手をかけていても意味がないですもんね……。
はい。データ連携している人は、週1回アクセスすると決めて「現状把握をする」ことに力点を置けるようになると、続けやすくなると思います。
手入力するにしても、あとから編集できるのでざっくりでいいと楽に考えるのが大事です。

――ざっくりでもOKという考え方は、LINE家計簿と合っています。また、LINEから使える点でも継続につながるかなと思っていますが、いかがでしょう?

そうですね。家計簿アプリの肝って自分がいかに使いやすく、自分にとってアクセスしやすいか、続けていきやすいか、というのが重要なんです。その点においてLINE家計簿は、LINEが入り口になっていることが非常に大きいですよね。

――ありがとうございます。実際に、LINE家計簿を使ってみていかがでしたか?
私自身、普段からよくLINE Payを使っているんですが、LINE Payユーザーには特におすすめできると思いました。
私は基本的に固定費以外はLINE Payで支払っているのですが、LINE Payにアクセスしないと決済履歴を見られないので若干もどかしく感じてたんです。それがLINE家計簿のカレンダーで簡単に一覧できるようになって、すごく便利だなぁと感じました。

IOS_03_IE_Calendar_05

──LINE Payでの支払いやチャージが自動的に家計簿に反映されるので便利ですよね。
はい。それから、LINE PayもLINE家計簿も、LINEの[ウォレット]タブの中にあるのがいいですね。
[ウォレット]タブを開いて、LINE Payで支払いをする、LINE Payにチャージする、そのままの流れでLINE家計簿をチェックできるので。

Wallet Banner 750

何かを管理するときに使うサービスやアプリが増えると、頭の中で区別しながら付き合うのが難しいので、できればまとめたい。そういう意味だと、決済手段として優秀なLINE Payと、家計管理ができるLINE家計簿がまとまっているのは嬉しいです。


起算日を設定して、定点観測をすること

――他に、LINE家計簿ならではの点でお気づきのことなどありましたか?
写真をつけられるのは面白いですね。支出入力時にメモや写真を添えられる。こういう機能って意外と少ないですね。

01

――ありがとうございます。カレンダービューなども含め、ちょっとした日記のようにも使えると思います。
あと、家計簿の集計を開始する「起算日」がオリジナルで設定できるのはいいですね。
たいてい家計簿アプリでは1日から末日までの1カ月で区切るものが多いんです。ただ、人によってはメインで使ってるカードの引き落とし日を1カ月のスタートにしたい人もいるでしょうし、もちろん給料日を起算日にしたい人もいると思うんですね。

03

――起算日を変えると、どのようなメリットがあるのでしょうか?
アプリを使わない人に向けた家計管理のアドバイスとして、私がいつも話すのは「通帳を熟読してください」ということなんです。まずは定点観測する日を設定する。例えば給料日なら、毎月給料日の残高の推移だけに注目して、黒字だったか赤字だったかをシンプルに見ていくんです。
LINE家計簿では、定点観測をする日を起算日として設定できるのでいいですね。

――風呂内さんのおすすめの起算日はいつでしょうか?
通常は給料日がやりやすいと思います。第2候補としては、メインで使ってるクレジットカードの引き落とし日ですね。
お財布が一番いい状態にある給料日か、光熱費やカード払いの引き落としが終わって一番削れているタイミングか、どちらが見たいかは家庭によって違うような気がします。

――ありがとうございました!


風呂内亜矢さんのコラム記事一覧はこちら
Profile

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、宅地建物取引士。
26歳の時、貯蓄80万円しか持たず自宅マンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は夫婦で4戸のマンションを保有しテレビ、雑誌などでマネー情報を発信している。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。著書は「ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)」など多数。
公式サイト:http://www.furouchi.com/

・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!