多くの人が賃貸契約やマイホーム購入の際に加入する火災保険。
実は火事の他にも幅広い損害に対応してくれることをご存知でしょうか?また逆に、地震による損害は地震保険でないとカバーできません。

いざというときの備えとして必要な火災保険と地震保険について、フィナンシャルプランナー・風呂内亜矢さんに伺いました。

money-2724235_960_720

ほぼ加入必須の火災保険。適切なオプションを選ぼう

──まずは火災保険について詳しく教えてください。
火災保険の対象範囲は「建物」と「家財」の2種類あります。
火災保険は、家を買う際のローンを組むためにも、賃貸契約をする際にもほぼ必ず加入を求められますから、ほとんどの方が入る保険だと言えるでしょう。賃貸の場合、大家さんが「建物」に対して保険をかけるので、貸借人は「家財」に対しての火災保険に加入することになります。

日本には「失火責任法」という法律があり、過失によって火災を発生させた場合、原則として損害賠償責任を負わないことが定められています。つまり、隣家の火災から火が燃え移ったとしても、重大な過失がなければ賠償してもらえない場合があるということです。

──そのリスクを考えるととても重要性の高い保険と言えますね……。
そうですね。また覚えておいていただきたいのは、補償対象となる災害は火災だけでなく、一般的なプランでは落雷、風災、雹(ひょう)災も含まれるケースが多いこと。さらに追加オプションや手厚いプランでは、水災、水漏れ、盗難、破損・汚損なども補償対象にすることができます。
例えば台風で窓が吹き飛んだとか、雹が降ってきて窓ガラスが割れたなどの損害は火災保険の補償対象となりますが、洪水や浸水が起きた時に補償されるかどうかは、保険加入時に意図的に「水災」を選んだり、「水災」が含まれたプランを選んだりしていたかどうかによります。

──ベーシックな補償範囲に加え、どのオプションを付加するかを選ぶのですね。おすすめの入り方はありますか?
火災保険自体は、物件購入や賃貸契約の際に不動産業者からおすすめされる火災保険にそのまま入ってももちろんOKですし、もしこだわりたければ自分で選んだ保険に入ることも通常は可能です。確認してみるとよいでしょう。

オプションに何を選ぶかは、お住まいの立地や住環境を鑑みて検討するのがいいですね。
例えば水災などは、国交省が発表しているハザードマップを参考にしながら、自宅付近がどれほど水害の危険性があるのかを把握し、取捨選択しましょう。平地で近くに河川がある場合などは水災補償を付けておくと安心ですし、マンション住まいの方は、漏水で家財が水浸しになる恐れもあるので水濡れ補償を検討してもいいと思います。
また、子どものいる家庭では家財に対する破損・汚損補償を付けておけば、例えばボールを投げて窓ガラスやテレビの液晶が割れてしまった場合も補償されます。

「入りすぎ」てもお得にはならない火災・地震保険。まとめ払いがお得

──次に、地震保険についても教えてください。
実は火災保険単体では地震で起きた火災による損害は補償されません。地震による火災もカバーしたければ地震保険にも併せて加入する必要があります。
地震保険は、火災保険にセットして加入するもので、地震保険単独では加入できません。

地震保険の保険金額は火災保険で設定した額の30~50%でしか設定できず、火災保険のように住居を建て直せるくらいの額は見込めませんが、家財の買い替えや仮住まいのための費用など、被災者の生活が安定するためのしばらくの生活資金としては有用です。また、どこの保険会社でも補償内容や保険料が同じになるように設定されています。

──日本に住んでいれば、やはり地震保険にも加入したほうが良いのでしょうか?

火災保険とセットで加入している割合は大体50%くらいですが、年々増加傾向にありますね。
火災保険や地震保険では、生命保険や医療保険のように、いざというときに受け取ることができる保険金を高く設定していたとしても、実際の損害以上に保険金を受け取ることはできません。加入する補償内容が、建物や家財の価値以上に設定されていないかよく確認しながら、それぞれ特約なども検討するのが良いですね。

──以前、手取りの30%を【住居費】、20%を【光熱費・通信費・保険料】に充てるという話を伺いました。火災保険にオプションを付加したり地震保険に加入したりするのも、保険料は20%の中でやりくりすべきでしょうか?


火災保険や地震保険については、基本的には【住居費】の中に含まれるイメージでしょう。また、保険料は月払いや年払いが選べますが、まとめて払う方が割引される傾向にあります。契約期間を最長の10年などにして一括払いすると割引率は高くなりますが、こうしたケースでは、住居費30%の中に入れるというよりも一気に払う特別費として捉えるのが現実的ですね。

2

※LINE家計簿では、月間の支出・収入のカテゴリーごとの内訳を円グラフで表示。

固定費・変動費の割合をチェックしましょう。


──ありがとうございました!



風呂内亜矢さんのコラム記事一覧はこちら
Profile

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、宅地建物取引士。
26歳の時、貯蓄80万円しか持たず自宅マンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は夫婦で4戸のマンションを保有しテレビ、雑誌などでマネー情報を発信している。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。著書は「ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)」など多数。
公式サイト:http://www.furouchi.com/

・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!