LINE家計簿アプリに新しく[予算]機能が登場しました!

[予算]ページにはたくさんの円グラフが表示され、うまく活用するとひと目で順調か、使いすぎかが分かります。
少し長くなりますが、今回はていねいに予算の設定の仕方・円グラフの見方についてご紹介します!

≪目次≫
Step1. 予算を設定しよう
Step2. 円グラフを目安にしてみよう

ここでは、分かりやすいように下記Aさんの事例を参考に説明します。
Aさんは月10万円で「貯金」「食費」「趣味」「美容」に使うお金だけを管理したいと考えています。

貯金 20,000円
食費 40,000円
趣味 30,000円
美容 10,000円
──────────
予算合計 100,000円


Step1.予算を設定しよう

(1)LINE家計簿アプリの下部メニュー右から2番目[予算]ボタンをタップしてください。
初回は下記画面が表示されますので、「予算を設定する」をタップしましょう。
1


(2)まずは1カ月の予算合計と、貯金したい金額を設定します。
Aさんの予定している金額は
予算合計 100,000円
貯金 20,000円
2
予算合計から貯金額を引いた80,000円の中で1カ月やりくりします。


(3)次にカテゴリー予算を設定しましょう。
今回Aさんは月10万円の予算の中で、3つのカテゴリーだけを管理したいと考えています。「食費」「趣味」「美容」それぞれの上限金額を入力しましょう。
食費 40,000円
趣味 30,000円
美容 10,000円
3
Tips!先月同カテゴリーで支出入力されている方は、参考として「先月の支出」が表示されます。


(4)全部セットしたら「保存する」を押しましょう。これで予算設定完了です!
4


円グラフを目安にしてみよう

予算ページにたくさん登場する円グラフについて、見方をご紹介します。

(1)まず一番上の大きな円。Aさんの場合、カテゴリー予算を設定した「食費」「趣味」「美容」の3カテゴリーで今月合計いくら使ったかを表します。
今日までの支出合計 40,000円
今月の予算 80,000円
残りの予算 40,000円
予算の50%を使っているため、円グラフもちょうど真ん中まで進んでますね。
5


(2) 次に下部にある小さな円は、Aさんが設定した「食費」「趣味」「美容」の3カテゴリーそれぞれの予算です。今日までどのくらい使ったか、ひと目で分かるようになっています。
6


1週目の目安:予算の25%までに抑える
下記はカテゴリーごとに予算の25%を使ったときの状態です。1週間(月の4分の1)が経過したとき、グラフがこの位置にあると、順調にお金を使えていることになります。
7

2週目の目安:予算の50%までに抑える
2週間(月の半分)が経過したときの円グラフの目安位置です。
8

3週目の目安:予算の75%までに抑える
3週間(月の4分の3)が経過したときの目安です。もし目安以上に使いすぎているカテゴリーがあれば、予算ページ上部の[設定]から個別に予算を変更できます。他カテゴリーとあわせて調整してみてくださいね。
9

4週目の目安:月の予算以内に抑える
4週目(ほぼ1ヶ月)が経過したときの目安です。きっちり100%使うとグラフはこの状態になります。ここまでキレイに使えると気持ちいいですね!
10



Step3. 毎日の使い方

LINE家計簿アプリを開いて、最初に目に入るホーム画面の円は「残りの予算」を示しています。

今日までの支出合計 33,240円
今月の予算 80,000円
残りの予算 46,760円

例えばAさんは今日までに予算の約42%を使っているので、円の外側の明るい緑色が42%の位置まで進んでいます。
11


もう少し詳しく把握したい場合は、予算ページを開き、カテゴリー予算の項目を確認します。

この日はちょうど2週間経過しているため、予算の50%前後が目安になります。

下記の図で見ると「美容」だけ50%を超えていますが、「食費」と「趣味」が50%以下に抑えられています。問題がないかどうか、振り返ってみましょう。
12


予算をうまく活用すれば、円グラフを見るだけでどのくらい使っているかひと目で分かるようになります!ぜひご活用ください。



・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!