貯金したいけれど、なかなか思うように貯まらない……。実はその原因は普段の生活に表れているようです。今回は、「お金が貯まらない人の特徴」をファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢さんに教えていただきました。

CCC9V9A9993_TP_V


1.先週のレシートが財布に残っている
お金を貯めるには、自分がいくら使って、いくら残しているのか、その振り返りが重要です。財布の大量のレシートは、普段から棚卸しができていないことの表れ。お金についてもっと気にかける習慣をつけましょう。


2.銀行口座の残高が思い出せない
先週のレシートが残っているよりも重症なのが、自分の貯蓄残高を把握してないこと。貯蓄残高の推移を把握しておくことは最低限必要です。忙しくてなかなか銀行で記帳できない人も、アプリで連携するなどして、定期的にチェックしましょう。


3.貯蓄用の銀行口座を持っていない
銀行口座が一つで残高があると、やはり使いたくなるものです。給与振込/支出管理をするメインの口座とは別に貯蓄用の口座を用意し、それには基本的に手をつけない、という習慣を作りましょう。



4.キャッシュレスはお金を使いすぎてしまうと思っている
お金の使いすぎを手段のせいにしていませんか?手段も後払いのクレジットカードだけでなく、前払い(プリペイドカード)や即払い(デビットカード)を選ぶ工夫もできます。ポイント還元など、現金払いよりもお得なケースが多数。しっかり情報収集して良いとこ取りしましょう。


5.「自分へのご褒美」とよく言う
ものを買うときには、それが「繰り返し価値を生むか」を意識したいところ。「自分へのご褒美」は「自分への投資」と言い換えられる内容でしょうか。もしも、その瞬間だけ嬉しいものを買ってしまっているようであれば、投資にもなるご褒美にできないか、検討できると理想的です。もちろん、たまのご褒美は心の潤いにつながります。良いバランスを探したいですね。


6.友達の誘いを断れない
友達に薦められたものを買ったり、気が乗らなくても食事に付き合ったりしてしまうのは「自分が本当に欲しいものを選ぶ」ことを意識できていないのかも。買い物や消費行動の満足度が低いまま、常に物を買ったり出かけたりしてしまう、という悪循環を断ち切りましょう。


7.財布の中にポイントカードが10枚以上ある
本来は欲しいものを買ったおまけでついてくるポイント。いつの間にかポイントを貯めるために何かを買う、という主従関係の逆転が起きていませんか?現在はアプリで完結するポイントサービスもあります。ポイントに振り回されることのないスッキリした財布を目指しましょう。


8.「1個150円」より「3個300円」を選んでしまう
適量は1個なのにお得感につられてつい3個セットを選んでしまう。他にも、「いくら以上買うと送料無料」や「今だけ」など、一見お得な言葉につられて必要ないものまで買っていませんか?


9.半年間使っていない家電が3個以上ある
買ったときはテンションが上がったけど、実際には自分の生活にフィットせず、結局全然使っていない……。そんな購入パターンを繰り返してしまう場合は要注意です。購入前のシミュレーションや吟味を怠らないようにしましょう。


10.老後2000万円問題の報道にひどく動揺した
報道を見て闇雲に絶望するのではなく、まずは冷静に、現在自分が払っている保険料と将来もらえる金額をチェックしてみましょう。その確認作業なしで、不安に煽られてあまり良くない金融商品を買ってしまったりしては本末転倒に。

8

※LINE家計簿の[予算]メニューで毎月残したい貯金額を設定しましょう。
貯金の推移グラフや使い道を確認しながら、効率的な貯蓄をサポートします。


風呂内亜矢さんのコラム記事一覧はこちら
Profile

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、宅地建物取引士。
26歳の時、貯蓄80万円しか持たず自宅マンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は夫婦で4戸のマンションを保有しテレビ、雑誌などでマネー情報を発信している。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。著書は「ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)」など多数。
公式サイト:http://www.furouchi.com/

・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!