イナポイントの申込受付が始まり、9月からのポイント還元に向けて注目が高まってきています。

そこで、マイナポイント事業の基本と、今やるべき手続きをファイナンシャルプランナーの風呂内さんにお話を伺いました。

Point


いつものキャッシュレス決済を使って、お得にマイナポイントをもらおう!

━━そもそもマイナポイント事業とはどんなものでしょうか?
マイナンバーカードとキャッシュレス決済の普及を目的とした取り組みで、マイナンバーカードを持っている人なら基本的に誰でも、キャッシュレスサービスへのチャージまたは買い物に対して25%、上限5,000円分までのマイナポイントがもらえます。実施は2020年9月1日~2021年3月末で、現在マイナポイントの予約・申込期間となっています。

━━25%還元というのは、かなりお得ですよね。予約・申込手続きはどのようにするのでしょうか。
専用アプリ・ソフトをダウンロードし、マイナポイントを予約するとマイキーIDが発行されます。その後、マイキーIDとキャッシュレス決済を紐づける申込みをします。紐づけられるキャッシュレス決済は1サービスのみで、そのサービスのポイントとしてマイナポイントが還元されます

▼マイナポイントの予約・申込方法はこちら 


━━紐づけるキャッシュレス決済のおすすめはありますか?
お伝えした通り、還元されるマイナポイントは紐づけたキャッシュレス決済サービスで使えるので、普段の生活シーンで活用している決済手段を選ぶのがおすすめです。マイナポイントを利用期限である2021年3月末までに使い切れるように、使い慣れたサービスを選びましょう。

▼参考:LINE Payでマイナポイントを受け取る方法


予算上限あり。早めにマイナンバーカードの発行を!

━━ポイント還元開始まで約2カ月あって、それまでに各種手続きを進めておくとよさそうですね。
そうですね。まだマイナンバーカードを発行していない場合は、カードの申請から交付までに1カ月以上かかるので、早めに申請することをおすすめします。

▼マイナンバーカードの取得方法はこちら



━━まだマイナンバーカードを発行していない人は急ぐべきでしょうか。
利用者側の立場から気になるのは、政府が用意している予算が4,000万人分*しかない点です。すでにマイナンバーカードは2,000万人程度が発行していると言われていて、倍の人数分の予算があることになっていますが、もしみんなが殺到して5,000円分の還元を受けたら、予算が足りなくなる可能性があるので注意が必要です。
*対象者全員が5,000円分のマイナポイント還元を受けた場合


━━まずはマイナンバーカードの発行、次に予約・申込の順番ですね。お話ありがとうございました!

各種決済手段を連携


※LINE家計簿とクレジットカードや電子マネーなど各種決済手段を連携しておくと、
どの決済手段を一番多く使っているか一目瞭然!
マイナポイントと紐づけるキャッシュレス決済を選ぶ際に参考になります。


▼連携方法はこちら 


風呂内亜矢さんのコラム記事一覧はこちら

Profile

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、宅地建物取引士。
26歳の時、貯蓄80万円しか持たず自宅マンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は夫婦で4戸のマンションを保有しテレビ、雑誌などでマネー情報を発信している。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。著書は「ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)」など多数。
【公式サイト】
http://www.furouchi.com/
【YouTube】日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中!
https://www.youtube.com/c/FUROUCHIvlog

・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!