セールで買ったはいいけど全く着なかった、買いすぎて家計がピンチ…という方必見!失敗しない買い物のコツや、買いすぎたときのリカバリー方法について、ファイナンシャルプランナーの風呂内さんに伺いました。

sale


セールで失敗しないためには事前準備が重要!

━━セールでついつい服を買いすぎて、たんすの肥やしになってしまうという失敗を繰り返してしまいます。失敗しないためにできることを教えてください。
まず、見落としがちな大前提として「セールだから買わなければいけない」とは思わないことです。
例えば洋服がほしい場合は、買い物前にクローゼットの中を見て「どのアイテムが足りないか」や「どんなアイテムを足したら今あるものが活きてくるか」などをチェックしましょう。また、たくさん着てくたびれているものは処分するなど、何か捨てて代わりに新しいものを買う、という観点も重要です。
そして、ワードローブとして問題がないのであれば、セールだからといって買う必要はない、ということですね。

━━買わないということはもちろん、捨てることもセットで考えるということですね。
捨てる点数と購入点数を同時に考えることができると、クローゼットが洋服でいっぱいになる状況も避けられると思います。
また、ある程度買うものが決まっている場合は、セールが始まるちょっと前に試着をしたり、目星を早めにつけておくと失敗することも少なくなると思います。


「使うため貯金」活用と、手取りの10%で予算立て


━━セールに割く予算はどのように決めるのが良いでしょうか。
予算を決める際は、セールのために貯めておいた「使うため貯金(貯蓄)」がいくらあるのか、または、手取りの10%の範囲内で優先順位が高いアイテムを吟味すると良いと思います。

▼「使うため貯金」のやり方はこちら


▼「理想の家計バランス」についてはこちら


━━セール時期に家計管理で意識しておいた方が良いことはありますか?
多く買ってしまった場合、その分他の費目で差し引けると管理しやすくなります。セール前に、他で減らせる費目はないか考えておいた方が良いかもしれません。ただ、こういった足元での軌道修正をしないために、「使うため貯金」をおすすめします。

1

LINE家計簿でカテゴリーごとに家計を管理しておくと
セールで買いすぎたときにどの費目で調整するか判断しやすくなります。

━━予算オーバーしてしまった場合のリカバリー方法としては、費目を超えた調整が一番有効でしょうか?
費目間の調整をしてもリカバリーできないくらい買ってしまった場合は、来月再来月に分割して取り戻していくといった、期間を超えた調整も一つの手段です。どのくらいの調整で正常な家計に戻るか、予算オーバーしたときには考えてみましょう。
あとは、過去のセールで「同じような服を買っちゃっている」とか「サイズが合わないものを買っている」といった失敗を振り返るのも大事ですね。

━━セールをよりお得にする方法があれば教えてください。
LINE Payの特典クーポンなど、自分が狙っているアイテムを取り扱っているお店に、割引クーポンが出ていないか事前にチェックしてみると良いと思います。

▼コンビニでも使えて便利!LINE Payの特典クーポンについて

━━お話ありがとうございました!

風呂内亜矢さんのコラム記事一覧はこちら

Profile

風呂内亜矢(ふろうち あや)
1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP®認定者、宅地建物取引士。
26歳の時、貯蓄80万円しか持たず自宅マンションを衝動買いしたことをきっかけにお金の勉強を始める。現在は夫婦で4戸のマンションを保有しテレビ、雑誌などでマネー情報を発信している。努力で実現する家計改善ではなく、仕組みやシステムで家計を良くする「ほったらかし」を得意とする。著書は「ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)」など多数。
【公式サイト】
http://www.furouchi.com/
【YouTube】日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中!
https://www.youtube.com/c/FUROUCHIvlog

・‥…━━━◆・‥…━━━◆・‥…━━━◆

楽しくつづける。楽しくたまる。LINE家計簿

▼LINEからさくっと収支入力!

▼全機能フル活用!アプリダウンロードはこちら

▼公式アカウント(LINE ID:@line_kakeibo_jp)
友だち追加
 
▼公式Twitterで最新情報をお届け!